第1章でご紹介した陰陽五行説を、体内の機能にあてはめたものを「五臓:ごぞう」といいます。

「五臓」は、肝(かん)心(しん)脾(ひ)肺(はい)腎(じん)のことで、生命活動の基礎となる気・血・水(津液)の生成・貯蔵・運搬を担うもの。

少し難しくてわかりにくいのですが、簡単にいうと、五臓それぞれがバランスを保つように影響しあって機能し、気・血・水を作り蓄え、めぐらせる働きをしてる、ということです。

「五臓」は肝臓、心臓などの臓器とイコールではなくて、もっと広い範囲の組織器官のはらたらきをひっくるめた生理機能のことをいいます。

わかりやすくするために、現代医学での機能を五臓に当てはめてみますと、こうなります。

肝(かん)・・・自律神経、情緒など

心(しん)・・・心臓の循環機能、意識など

脾(ひ) ・・・消化吸収機能、水分・栄養の代謝など

肺(はい)・・・呼吸機能、皮膚機能など

腎(じん)・・・生命維持機能、生殖系、泌尿器系など

五臓と臓器はイコールではないのですが、何となくそれぞれの特徴・イメージがわいたでしょうか??