漢方では、人の体には「気:き(生命エネルギー)」「血:けつ(全身に栄養を送る血液)」「水:すい(全身にうるおいを与える液体)」の3つの要素がめぐっていると考えます。

 

では『』のお話から。

「元気、勇気、根気」もしくは、「短気、損気、陰気」など、世の中に「気」がつく言葉はたくさんありますが、「気」はざっくりいうと、「生きる力のもとになるエネルギー」です。

「気」が不足すると、体力がない、カゼをひきやすい、胃腸が弱いなど、さまざまな症状が出てきます。、また、「気」のめぐりが悪くなると、精神的なストレスや不規則な生活、自律神経の乱れなどの症状が出てきます。

漢方では、気が不足状態になることを「気虚:ききょ」といい、気のめぐりが悪いことを「気滞:きたい」といいます。

気が不足したり、滞ったしきは、「エネルギー補充・めぐらせる」食材をとったり、深呼吸やウォーキングなどの有酸素運動を心がけましょう。

次に『』について。

漢方でも「血」は血液のことを指しますので、わかりやすいですよね。血液は全身をめぐって栄養や酸素を体の端から端に運んでいます。

血は、思考の源となるので、血が不足していると精神が不安定になり、記憶力も減退します。女性は毎月、血が失われがちになりますし、無理なダイエットをしたら、血が不足して、イライラ、頭がボーっとしたりします。妊娠~出産後~授乳中も大量の血が使われるので、きちんとケアをしていきたいですね。

漢方では、血が不足状態になることを「血虚:けっきょ」といい、血の流れが悪くなることを「瘀血:おけつ」といいます。(血瘀:けつお と表示される時もあります。同じ意味です)瘀血のイメージは、肩こり・生理痛・吹き出物などです。どれも本当嫌ですよね。

血が不足したり、滞った時は、気を同じように「血を補ってめぐらせる」食材を意識して取り入れましょう。赤い食材(赤みの肉・レバー、にんじんなど)と黒い食材(黒豆、ドライフルーツ、黒きくらげなど)は積極的に取り入れましょう。

最後に「水」について。

汗、涙、尿やリンパ液、唾液など、体に中には様々な液体があります。「水」というのは、血液以外の水分を表しています。水は、内臓や髪、筋肉などの潤して、関節の動きを滑らかにする働きがあります。

漢方では、水が不足状態になることろ、「津虚:しんきょ」といい、水の流れが悪くなることを「水滞:すいたい」といいます。(水毒:すいどく と表示されるときもあります、同じ意味です)

水が不足すると、肌や髪の乾燥、口の渇き、ドライアイ、関節痛などの症状が起きやすくなります。また、水の流れが悪くなるとむくみを引き起こしやすくなります。

水が不足したり、滞った時はどうするか?もうお分かりですよね。気・血と同様、「体内の水を補いうるおいし、水分代謝をよくする」。潤したり、体外に出してくれる食材を意識して取りましょう。また、適度な汗をかく有酸素運動や半身浴などがおすすめです。

※ただし、同時に気虚(気の不足)がある方は、汗のかき過ぎにご注意下さい。

気・血・水のバランスをうまくとりながら、心も体も穏やかに過ごしたいですね。